ページのトップです。
pinterest

SKLO

2009.2.28

€

あっという間に2月も最終日です。
東京でのイベントも今日が最終日。
ご来店頂きありがとうございました。

2009.2.22

€

€€ € € €

日本では、ほとんどお目にかかることができませんが
「トイレで水を流す時に引っ張るグリップ」といえば
すぐにイメージが湧くのではないでしょうか。
谷崎潤一郎の著書『陰影礼讃』にもトイレや便器について
熱く語っている章があるように、現代のものは清潔感はあるものの
どこか素っ気ないというか、無愛想な感じというか。。。
ハイテクノロジーはすばらしいけど、そこまでは
やり過ぎでしょと世のサービス過剰な傾向に
飽き飽きしている方、いかがでしょう。

2009.2.19

€

東京、中目黒の裏路地を歩くと、周囲の町並みと一線を画する
ファサードが目に飛び込んできます。大きなベンチに大きな花壇、
その背後のガラスには大きな 1LDK との文字。
メンズアパレルショップ 1LDK は、今や伝説のデザインユニット
ヤンファミリー にインスパイアされデザインした空間。
€

家の中のように細かく仕切られた空間の一番奥の部屋にて、
今月末までの間、ドイツのファッションデザイナー FRANK LEDER
春夏新作発表に合わせた空間制作をさせていただきました。
€

2月末までの期間限定ですが、空間を飾るアンティークは
全てお買い求め頂けるようになっています。
€


葉巻箱、ベークライトの灰皿、コースター、ペリカン社のケース、
ワインラベル、ベルリン市の鳥瞰図、1932年のカレンダー、
トーネットのスツール、シーメンスの時計、工場のランプ、
三脚、木製の万力、アイアンワークの写真集、
agfaのジャンクカメラ、ドイツ表現主義の絵画集、等々。。。
この機会にぜひ1900年代初頭のドイツの空気を感じてみてください。

2009.2.17

€

東京代々木体育館にて、ファンション展示会 rooms が開幕しました。
今回も空間制作で参加しています。
€

2009.2.11

€

2月15日(日) 縲鰀 2月20日(金)€

営業時間 12:00 縲慊黴€19:00 までになります。

2009.2.3

€

アールデコ建築で有名な
大阪心斎橋の大丸百貨店にて
€

格調高い空間に突如現れたキッチュな空間
€

空間に“対比”を作る事の重要性を今まで多く語ってきましたが、
ほとんどの場合、現代の真新しい空間にアンティークを合わせる
といったパターン。しかし今回は真逆で、
古く重厚な空間に新しいアイテムを合わせる。
デコラティブな空間にミニマルなコーナーを作りました。

2009.2.1

€

チェコは、世界的にも珍しく、遠くフランスで生まれた
抽象表現であるキュビズムが、建築やプロダクトにまで及んだ国。
1900年代の前半といえば、ドイツでは無駄な装飾を排除し、
機能的なモダンデザインへと歩みだしている最中。
そんな事知ってか知らずか、お隣チェコでは真面目な顔して
キュビズムを日常に落とし込もうとしていた。
実際、キュビズムの建築や家具や雑貨は数多く存在するのだが、
今となれば美術館級のものばかり。

ただ、キュビズムが日常だったという事は、人々の生活の
様々なところに、何気なく表れているということ。
SKLO で扱っている雑貨の中にも、意識したかどうか分からないが、
おそらくキュビズムに影響を受けているであろう商品があります。

それにしても、キュビズムを違和感なく受け入れてしまう
チェコ人はやっぱり変わっている。
そういえばカフカの小説『変身』に描かれている
幻想的かつ不条理な世界感は、キュビズムをすんなり受け入れる
感覚となんら変わりないような。ほんと不思議の国です。

€

€

gotoTop