ページのトップです。
pinterest

SKLO

2012.11.20

2012.11.16

3F に小物が並びました。
興味のある方は声をかけてください。

2012.11.13

20世紀初頭の、ドイツ・オーストリア・ボヘミア圏で
起こった前衛芸術運動は面白い。それは、旧態依然の
体制から近代へと時代が大きく変化する中で、芸術家
たちが どのような心理状態にあったか、そして結果と
して ど
のようなものが生み出されたのかが明確に見て
取れるから。これらは、時を経てさらに文化圏を越え
て我々に強烈なインパクトを与え続けている。

セセッション〈分離派〉

19世紀末のドイツ語圏における芸術革新運動のこと。
ウィーンでは、保守化した展示制度に不満を抱く
グスタフ・クリムトを筆頭に古い美術機構からの
分離という形で発足し、大胆な構図や斬新な
タイポグラフィーを取り入れた平面作品や効果的な
色彩とフォルムを採用した建築など、自由で
国際的な芸術表現を目指した。

チェコキュビズム

20世紀初頭、フランスで起こった美術運動キュビズム
が、遠くチェコにて建築やプロダクトに応用された。
プラハを中心に、近代合理主義に反発を覚えた若き
建築家達が、鋭角的な幾何学パターンを多用した
一際異彩を放った建築を生み出した。その前衛芸術
運動は室内空間に置かれる家具や照明器具、陶磁器
などにも反映され、短い期間の運動ではあったが、
後の世代に強く影響を与えた。

ユーゲントシュティール

19世紀末から20世紀初めにかけて、現在のドイツ、
オーストリアで広がった芸術運動の傾向を指す。
アールヌーボーなどの影響を受けて、若い芸術家
たちは、植物の有機的曲線と直線や平面を強調した
幾何学を融合させ、構造(実用性)と装飾(美しさ)の
一致を目指し独自の様式を生み出した。

2012.11.4

gotoTop