ページのトップです。
pinterest

SKLO

2015.1.20

この度、2/1(日) 代官山ヒルサイドテラス にて、
「金沢陶器市」 を開催することになりました。
金沢を中心に石川県で活動している作家10数名が
現地で販売を行います。直接お話を聞き、購入で
きる貴重な機会です。是非ご来場くださいませ。

11:00-17:00   会場:ヒルサイドスクエア

山﨑 美和/赤地 径/中田 雄一/半田 濃史/中嶋 寿子/杉原 万理江/結城 彩
片瀬 有美子/杉田 明彦/吉村 安司/西山芳浩(委託販売)生地史子(委託販売)


2015.1.18

Kingdom

2015.1.16

“Kingdom=界”とは、生物分類における最上位の階級のひとつである。

自分の部屋の中にあるすべてのものについて、その名前を挙げることができるだろうか。
あなたがそれをできるかどうかはさておいて、およそこの世界に存在しているあらゆるものには
たいていの場合名前が付けられているはずである。名前が付けられているのみならず、これまた
たいていの場合にそのものはそれぞれが複数の系のなかにきちんとおさめられている。

例えばあなたが身につけている「それ」は無機物という系に、あるいは衣服という系に、もしくは
工業生産物という系に、ときにはファッションの一ジャンルの系のなかにおさめられている。こう
してたいていのものに(あなたが知っているにせよ、知らないにせよ)名前が付いており、なにか
の系の中におさめられていることによって、何食わぬ顔をして世界を眺めることができるわけだ。

ところが恐ろしいことに、世界に存在しているたいていのものは、当たり前だが名前がなくと
も存在することができる。未知の風景に怯えを感じるのは、謎の物体が恐怖の対象になるのは、
それらがあなたのなかでまだ名付けられていない、どのような系の中にあるのかがわからない
からである。そしてそれらは恐怖や畏怖の対象であると同時に好奇心の的ともなる。

だからこそ、世界はまったく底が抜けていると同時に、その都度無限の細部を
見せてくれる程に豊かであり続けている。

2015.1.5

SKLO 3F にて展覧会を行います

gotoTop