ページのトップです。
pinterest

SKLO

2016.10.29

せせらぎサンデー・ライブラリー を終えて

私たちは、なぜ個人店を営む選択に至ったのだろう。

サラリーマンとしての人生もあったはずなのに。

だがそれを選ばなかった。そこには、強い意思が

あってのことだと思う。その思いの強さ、

本人を突き動かしているのは、何なんだろう。

そこには少なからず「本」との出会いがあり、

それらには行動へと導いたヒントが隠されている。

そういえば最近図書館から脚が遠のいている。

日常生活の一部から無意識に外していたのです。

特に嫌な思い出があるわけでもないのに。。。

そんななか金沢市玉川図書館に機会をいただいた。

個人店の店主が蔵書の中から選書し紹介する内容を

提案することにしました。参加してくださった

方々は皆、口を揃えて多種多様な蔵書に驚き、

そして選ぶうちにどんどん気持ちが高揚していく

感覚、本を紹介することの難しさと楽しさ。

とても良い経験だった、そう言ってくれた。

私たちは、本との出会いは様々でありたいと願う。

成熟した街には多用な価値観があり、

お互いを認め合うポジティブな空気に包まれている。

そんな街にはきっと素敵な本との出会い方が

あるはずだと思うから。

せせらぎサンデー・ライブラリー とは?

10月4日(火)〜 10月23日(日)


金沢市玉川図書館にて、せせらぎ通り界隈のお店が
図書館の蔵書の中から本をセレクトし紹介する企画。

2016.10.18

ものを買わなくなった、ものを減らしている。
最近このような話をチラホラと耳にする。なぜ
だろう、流行としてのミニマル志向が主なる要因と
理解しようとしていたが、もしかして、伝える側の
問題が大きいのかもしれない。 ものとの出会いに
興奮する、SKLO はそんな場所でありたい。
3F は、無造作にものが置かれている。
ここで何かを見つけ出していただきたい。

2016.10.14



秋のサンデーマーケット、今回もチェコドイツの
アンティーク家具小物を販売します。

Face book

2016.10.8

チェコ人の横顔、一瞬で特徴を掴みサラッと描いた横顔は
全部で150枚、画家の圧倒的な技量は、
どこか執着、執念を感じるこの習作から見て取れるのです。

gotoTop